スタッフブログ

大野 健太 自己紹介へ

自分にぴったりの土地選び

2021/06/07(月) 家づくりのこと

 

こんちには!大野です!

暑さが本格的になってきましたね! 可愛い太陽のイラスト素材!ベクターから手書きまで - チコデザ

個人的には夏は大好きですが、皆様、体調管理にはくれぐれもお気を付けください。

本日は、土地探しについて・・少しお話しさせて下さい。

 環境・広さ・形状・方角・建築条件についてを細かく見ていきましょう。

■環境

通学、通勤、実家に近い、日常生活の便利さ、など

ご家族の構成によっていろいろな決め方があると思います。

駅やバス停、スーパー、コンビニ、学校関係、病院、郵便局銀行 

学校の場合は通学路の距離や安全性などの周辺の環境も

考えましょう。

■広さ

土地が広いに越したことはありません。

しかし、お家づくりの資金には限界があります。

最低限どれだけの広さが必要かを決める事が大切

また、土地の立地条件や法的規制などの制約を確かめ

土地を有効に利用できるかどうか確認してみましょう。

■形状

三角形や台形など変形した不整形地はデッドスペースが

生まれてしまいますが工夫次第で変化にとんだユニークな家をつくることも可能。

正方形や長方形の整形型の整形地に比べると割安です。

整形地は設計しやすいですが、不整形地に比べると割高になります。

■方角

日当たりの良い南側道路は価格が高く、北側が割安です。

方角によって価格にも差があり、建物の間取にも大きく影響します。

日照の良し悪しは、お隣同士の敷地の高低差によっても変わりますので、

方位条件だけに縛られないようにしてください。

■建築条件の有無

「建築条件付宅地」とは、土地の売主が指定する建築業者で建築をする事が条件に

なっている土地のこと。事前にきちんと確認しておきましょう。

 

 土地探しをしていると様々な条件の土地を見たことがあると思います。

一見難ありな土地。

ちょっと条件が悪いけど相場よりも随分割安?

相場よりも価格の高い土地・・・

ちょっと予算オーバーだけど生活に便利な好立地など、

そんな土地でもメリット、デメリットがあるものです。

皆様それぞれにメリット・デメリットは違うと思います。

そのことを理解すれば同じ土地でも人によって「お得」な土地にもなります。

土地のメリット・デメリットを加味してお家づくりをご一緒にしましょう!!

 

記事一覧

1ページ (全37ページ中)

ページトップへ