古久保 克人 自己紹介へ

【コージーホームの家づくりストーリー】まっすぐな土間のあるお家

2023/10/31(火) 家づくりのこと

こんにちは!コージーホーム広報担当です。

 

今回は営業担当の古久保が実際に担当させていただいた、

まっすぐな土間のあるお家についてインタビューしました。

 

長~い玄関土間からつながる間取り

こちらのお施主さまは、40代のご夫婦とお子さま2人の4人家族。

総合展示場のモデルハウスへご来場いただき、

モデルハウスを気に入っていただいたことがきっかけでした。

近くのコージーホームの分譲地をご紹介したら、そこを気に入っていただき、土地探しもスムーズに進みました。

 

お子さまは20代の長女と、10代後半の長男のお2人。

高校では野球をし、甲子園にも出場した息子さんが大学へ進学するにあたり、

「新しいお家で少しでも過ごさせたい」というご希望があり、お引渡し後に2週間ほどご家族4人で過ごしていただくことができました。

 

玄関土間をキッチンまで取り、その両サイドにLDKと和室を設置。

大きな荷物がある時も便利な間取りになっています。

土間収納も充実しているから、息子さんの野球グッズなども置けます。

 

フローリングやクロスにこだわりアリ!

LDKはフローリングにするのが一般的ですが、

こちらのお施主さまはプラスチックタイルをご希望でした。

 

傷や汚れに強く、耐水性にも優れていますが、

一般的なフローリングに比べると表面が硬く

冬は足元がひんやりしてしまうデメリットがあります。

 

コージーホームは高気密高断熱の住宅だから、

そこはクリアできると思いましたが、そのデメリットを考慮しても

プラスチックタイルがいい!ということでした。

 

こだわった甲斐があり、スタイリッシュなLDKに!

もうひとつ、和室のクロスにもこだわり、床の間のクロスを金色にしたんです。

 

これも弊社のモデルハウスで使っていたものを気に入っていただいたのですが、

あいにく廃番になっていたため、似たクロスを設計士が探してご提案。

 

シックで重厚感のある和室に仕上がりました。

お引渡し後に伺った時、和室の床の間に模造刀も飾られていてびっくりしました!

 

ご家族みなさまで楽しく過ごされている様子を見て、嬉しい気持ちになったのを覚えています。

1ページ (全53ページ中)