スタッフブログ

古久保 克人 自己紹介へ

はじめての、経験。。。

みなさま、こんにちは!  古久保です。

ホント、つらくなるくらい寒い日が続きますが、お変わりございませんか?         

穏やかな春までもう少しの辛抱です。 体調に気をつけて、頑張りましょう。

 

さて先日、何ともびっくりな、幸せな、素敵な、はじめての経験をさせていただいたので、そのお話をしたいと思います。

 

 私たちは、お家の工事の日程が決まると、近隣の皆様に工事前のご挨拶にお伺いします。

 件数が多ければ、なかなか大変な作業になるのですが、先日のご挨拶回りはワクワクしながらのものでした。

と言うのも、今回工事をスタートさせていただく現場のお隣のお家が、13年前にお引渡しさせていただいたお家だったからです。

と言うのも、13年前はそのお家がその分譲地の一番奥の区画で、更にその奥は原っぱの状態でした。

それがこの13年の時を経て、その原っぱがあらたな分譲地開発されたわけです。

今回着工させていただくお施主様が、1番手前の区画を選ばれたことから、長い年月をかけたお隣同士が実現されたのです。

ワクワクしながら、インターホンのボタンを押しました。

インターホンには出られず、少しの時間の後、玄関ドアがあきました。僕は何も言わずに玄関前に。

顔を合わせて4秒後。   奥様、

    「・・・ ふるくぼさんやんかぁー--!! 」 「ごぶさたぁ~。」 「どないしたん~。」

凄い。すごすぎる。嬉しすぎる。

13年ぶりなのに、4秒で思い出してくれた。

僕も、奥様との13年前の会話とかの思い出が、わきあがってきました。

そこからは、2人で当時の昔話に花が咲きました。(べたですけど)               

「幼稚園児だったあの娘も、今や女子高生やで。」などなど。

長くお家づくりのお手伝いをさせていただいていても、なかなか経験することのできない素敵な着工前のご挨拶でした。

幸せな時間を、過ごせました。

また、お仕事頑張れます!!

 

                            

 

記事一覧

1ページ (全39ページ中)

ページトップへ