室館 美加 自己紹介へ

コンパクトなリビングでの、上手な暮らし方

2023/11/16(木) 家づくりのこと

こんにちは!コージーホーム広報担当です。

 

今回はコンパクトなリビングでの上手な暮らし方について、

営業担当の室館にインタビューしました。

 

LDKの家具を減らしてスペースを作る!

もしかしたら私だけかもしれませんが、

ここ最近、30坪以下のコンパクトなお家を担当することが

多いなと感じています。

 

コンパクトなお家の場合、リビングも広いスペースを取ることが

難しいことがほとんどです。

 

そんな時の上手なリビング活用法をご紹介したいと思います。

床に置かれている部屋中程度の精度で自動的に生成された説明 

まずは家具の数を減らすというのは有効な方法です。

リビングにソファを置かずダイニングテーブルを代用したり、

ダイニングテーブルをローテーブルにしてイスのスペースを省いたり、

壁付けの造作イスを作ってソファ代わりにするなどがおすすめ!

 

デッドスペースを活かした収納

リビング横に和室を設置する場合は、

段差を活用して収納用の引き出しをつくることができます。

 

小さいお子さまがいるご家族さまなら、

おもちゃを収納しておくのにぴったり。

 

40センチくらいの段差にすると、かなり収納力がアップします。

 

また、収納スペースのあるオットマンなど、

収納力の高いアイテムを取り入れるのもいいかもしれません。

 

吹き抜けで広く魅せる!

リビングをダウンフロアにして、

さらに吹き抜けにすると上下のスペースが広がり、

実際よりもさらに広く感じる効果があります!

 

吹き抜けにするだけでも効果はありますが、

さらにダウンフロアにすると効果も2倍に♪

 

キッチンはシンク+収納でコンパクトに!

キッチン台の後ろに背面収納をセットでつけておくと、

細々したものもかなり収納できます。

 

家電はもちろん、お子さまのおもちゃ収納に使っている

ご家族さまもいらっしゃいます。

 

シンクと収納の一体型のキッチンはコンパクトで

収納力もアップするので、ぜひ検討してみてくださいね。

1ページ (全53ページ中)