【先輩ママに聞く「やってよかった!」事例集】 キッチン編

2023/06/08(木) 家づくりのこと

こんにちは!コージーホーム広報担当です。

 

今回は快適な家事動線や間取りについて、

当社で実際に施工したお施主さまの事例を交えてご紹介したいと思います。

 

家事ラク動線にしてくれる間取りのコツ

共働きや子育て世帯は、とにかくアレコレ忙しいですよね。

共働き世帯では、仕事から帰って食事をつくり、

後片付けや明日の用意…自分の時間もなかなかつくれないのが現状です。

 

コージーホームのお施主さまは共働き世帯が多く、

特にキッチンや水回りなどの家事動線はスムーズな間取りにしたい!というご希望をいただきます。

 

私たちも長年の実績とノウハウから、

水回りを近くにまとめたり、後から自由に動かせる可動式の棚を備えた大容量のパントリーを設置したり、

ランドリールームとファミリークローゼットを隣接したり、お施主さまに合った動線をご提案しています。

 

 

できないことは別の何かに頼るのもアリ!

間取り以外にも、食洗器やお掃除ロボット、予約できるお風呂やエアコンなど、

家事だけでなく生活もちょっと楽にしてくれる家電製品を取り入れるお施主さまもいらっしゃいます。

 

例えば、経済的に余裕があれば家事代行サービスを利用する人も増えています。

自分たちでできないことを、別の何かに頼るのも時短の方法です。

 

ご夫婦のワークスタイルに合わせたお家

夜勤や3交代制で勤務するご夫婦なら、帰宅や睡眠時間が異なる場合もありますよね。

実際にコージーホームのお施主さまで、ご夫婦の勤務時間が異なる方がいらっしゃいました。

 

その時は寝室をご夫婦で別にしたり、玄関の近くに寝室を設けたりするなど、

夜遅い時間に帰っても他のご家族さまを起こさないような間取りをご提案いたしました。

 

夜勤があったため、寝室の窓は少なく小さいものにして、朝でも睡眠が取りやすい環境に。

 

コージーホームでは長年の経験やノウハウを活かして、

ご家族さまのライフスタイルにぴったりのお家をご提案しています。

 

 「こんなこと、できるのかな」と疑問に思ったことは、何でもご相談くださいね。

1ページ (全55ページ中)