山本 道雄 自己紹介へ

失敗しない収納スペースのポイントとは?

2022/12/13(火) 家づくりのこと

こんにちは!コージーホーム広報担当です。

今回は収納スペースについて、営業担当の山本にインタビューしました。

 

どんなに考えても後悔することが多いのは、収納スペース?!

新築の注文住宅を建てる時、特に賃貸にお住まいのご家族さまの多くは「収納をたくさん確保したい」とおっしゃいます。

 

もちろん広々とした収納スペースがあれば、お部屋の片付けも楽になります。

でも、実は収納スペースで後悔することが多いのも事実なんです。

 

収納スペースには大きくわけて、ウォークインクローゼット、壁つけのもの、そして建具がないオープンスタイルの3つがあります。

 

収納は大きい方がいいと思われるかもしれませんが、広くなればなるほど予算もかかり、意外と使い勝手がよくなかったり、なんてこともあります。

 

コージーホームでは、お客さまのライフスタイルによっては、不要な収納を減らすご提案をすることもあるんです。

 

共有スペースや可動式の棚で、長く使える収納に!

最近ではSNSの影響でしょうか、廊下や2階ホールにご家族全員で使える収納を希望する方が増えています。

 

各自の部屋に持ち込んでしまうと部屋が片付かない原因にもなるため、共有部分に本やお子さまの教科書を置いて片付けやすくしたり、共有のクローゼットで「洗濯→畳んでしまう」という家事を楽にしたり。

 

棚も可動式にしておけば、収納するものが変わっても長く使っていただけます。

お家の中だけではなく、外に置けるものは庭の物置や玄関土間などで工夫することもできます。

 

たくさんのご希望を叶えるための注文住宅が、コージーホームにはあります。

1ページ (全43ページ中)