スタッフブログ

お風呂の扉ってどれがいいの?

大野 健太 自己紹介へ
2021/02/22(月) 家づくりのこと

こんにちは。おおのです。

本日は、浴室のドアについて書かせて頂こうと思います。

お風呂のドアって悩みますよね。
形状は大きく分けて『折れ戸・片開きドア・片引き戸』の3種類あります。

すごく個人的な意見なので、ご参考程度に見て下さい。

折れ戸
〇 3種類の中で一番安価
〇 ドアよりは開閉スペースが少なくて済む
〇 脱衣場の壁面にニッチが作れる
△ 少し開閉しにくい

片開きドア
〇 戸の作りがシンプルで掃除がしやすい
〇 戸にタオル掛けが設置できる
〇 脱衣場の壁面にニッチが作れる
△ 洗い場で人が倒れると、その人に戸が当たって開けられない
△ 浴室内で手摺りを設置する壁面が少なくなる

片引き戸
〇 開閉がしやすい
〇 浴室に入った所の壁面に手摺りが付けられる
〇 戸の開閉にスペースがいらない
△ レールの掃除がしにくい
△ 3種類の中で一番高価
△ 脱衣場の壁面にニッチが作れない

このような感じになるかなと思います。
メーカーさんによって価格も違いますし、掃除のしやすさも工夫しておりますのでご参考程度に見て下さい!
私なら、ご家族にご高齢の方がいらっしゃる場合は迷わず片引き戸をオススメします。
何を優先するかはご家庭によって違うので、メリットとデメリットを比較して少しでもご参考になればと思います。

 

記事一覧

1ページ (全35ページ中)

ページトップへ